犬の里親探しブログ

日本では1年間に何100万頭ものペットが、保健所のガス室でもがき苦しんで命を絶たれているのです。 私はこの残酷な現実を見過ごすことができません。

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月10日 紀伊民報

以下wanlife様の記事(2月10日 紀伊民報 )を引用し、紹介させて頂きます。


2月10日の紀伊民報1面に、wan lifeが犬舎の写真と共に掲載されました。

以下、掲載された記事と写真を転載致します。


~ 不況で犬や猫手放す 近年増加、飼い主の高齢化も ~

不況による経済的な理由や高齢化で、飼っていた犬や猫を手放す人が増えている。動物愛護団体やNPOには里親探しや保護を求める依頼が目立っており、関係者は「犬や猫も家族の一員。責任を持ってほしい」と啓発に力を注いでいる。



上富田町朝来の動物愛護団体「ワンライフ」(島田香代表)は、飼い主のいない犬や猫を保護して里親を見つけている。保護匹数は収容能力の関係で年間約130匹。経済的な理由で飼育できなくなり、里親探しの依頼を受けた例は2005年まではほとんどなかったが、08年から目立ち始め、09年には全保護件数の約2割を占めた。これ以外に捨てられていた犬や猫は約6割を占めた。

不況の影響を受けて手放す理由は、会社が倒産して家が競売に掛けられる▽引っ越ししてアパートに住む▽犬だけ置いて夜逃げした―など。里親探しにも影響しており、餌代や医療費など飼育費がかさむことで大型犬の里親が見つかりにくくなっている。

ブリーダー(繁殖家)が病気になって、飼育できなくなったという事例もある。06年は三重県、07年は大阪府内であり、犬各約50匹を保護した。ワンライフは「家族の一員として、最後まで飼うことは飼い主の責任」と訴える。
スポンサーサイト

『畑番』と呼ばれる飼い方をされる犬がいます。


畑番・・・
この言葉で何を想像されますでしょうか。


ある地域で当たり前の様に『畑番』と呼ばれる飼い方をされる犬がいます。

この地域で犬を飼育されてるほとんどの方達は犬を家族の一員、もしくはかわいいペットという様な感覚で飼っていません。

家畜、またはそれ以下の存在で犬を捉えています。

庭先で飼ってた犬が野良犬と交配し、子犬が産まれた。

邪魔なので親子共々保健所で処分する。

この様な事はこの地域では日常茶飯事だといいます。。


もちろんこの地域でも家族の一員として愛情込めて一緒に生活されてる方もおられますが、ごく一部の方だけだといいます。。

そんな地域で畑番と呼ばれている子達。

それは読んで字のごとく畑の番犬です。

かかし同然に畑の傍らにつなぎっぱなしで、お散歩も犬小屋も無く野ざらし。餌と水だけを適当に与えられ、そのつながれた紐の長さの動ける範囲でしか生活できないまま一生を終える犬達。それが畑番と呼ばれる子達です。

もちろん、毎日自宅で一緒に寝起きし、主人と共に畑に出かけ、農作業を終えるとまた自宅に一緒に帰るという可愛がられ方をする畑番もいます。

しかし、そんな環境で生活できる子は、先程も記述した様に極々一部です。

日本全国、地域地域で犬達に対し様々な考え方や文化があります。

もちろん、私達はその地域の文化や風習を否定はしませんが、この様な飼い方をされてる子達を見たり聞いたりするとやるせない思いに駆られてしまいます。



2008年3月。

この畑番という飼い方が当たり前の様に根付いている地域のあるおうちで、子犬が6頭生まれました。

合計6頭の子犬が誕生しましたが、4頭は早々に里親が決まりました。


残された2頭の姉妹はまだ行き先が決まっておらず、飼い主は子犬達を邪魔だから保健所に連れて行くと言い出しました。

この子達です


犬さん


犬さん




そんな話しを近所の方々と話していたところ、保健所に連れて行くならうちで畑番としてもらってもいいという人が現われました。

そしてその情報は、この地域で犬達の保護活動をしている方の耳に入りました。

かねてよりこの地域で活動されてる方とwan lifeは協力関係にあり、以前にもこの方が保護された犬達をwan lifeが引き上げました。

※その時の子達の事はこちらをご覧下さい

保健所で処分もしくは畑番として一生を終えるこの子達を目の当たりにされたこの方は、島田に連絡され事の成り行きをお話しされました。


話しを聞いた島田は言いました。

『その子達の里親を探します』



引用元wanlife様里親募集記事(2008年06月25日の記事 畑番 )を引用し、紹介させていただきました。





私のHPも見てください。
こちら


カピルス
大阪市北区曽根崎2-10-31梅田オレンジビルB1階
TEL:06-6313-8880
FAX:06-6373-9876


里親様募集

岡山の現場から保護した子のうちの1頭です。

KO-9 ♀

シーズーMIX
愛ちゃん 2歳
体重約3kg



とても甘えん坊です。

A0972e009-s.jpg

右目の周りが白いので目が小さく見えます。

Ab02e64e4-s.jpg

Ab8dafd1e-s.jpg


カピルス
大阪市北区曽根崎2-10-31梅田オレンジビルB1階
TEL:06-6313-8880
FAX:06-6373-9876


私のHPも見てください。
こちら

ボランティアさん募集


以下、wan life様の活動ブログより記事を引用いたします。

先日、他団体(アニマルメリーランド)様に多頭飼育の崩壊現場よりSOSが入りました。

他団体(アニマルメリーランド)様はこの現場に着手される事となりました。

しかし現場の子達の頭数が多い為、wan lifeに協力依頼があり、

私達は全面協力する事になりました。


そして4月6日、島田は他団体様と共に現場に入りました。


現場は岡山県。。

現場です。

923951af-s.jpg

18f629d9-s.jpg



現場には52頭の子達がいました。


このうち、wan lifeでは16頭の子達を引き上げる事になり、同日連れて帰ってきました。


wan lifeスタッフ全員、生業を持ちながらの活動の為、

保護した子達の充分なお世話が出来ません。。


そこで皆様にお願いです。


1週間~10日程で結構ですので、

保護した子達のお世話をお手伝いしてくださる方を募集致します。

ご連絡先はこちらです。


私のHPも見てください。
こちら


カピルス
大阪市北区曽根崎2-10-31梅田オレンジビルB1階
TEL:06-6313-8880
FAX:06-6373-9876

コロちゃんの里親探し

リストラにあい、今の家賃はとても支払えず、

6月末で、引越しをしないといけなくなりました。

散々、ペット可の住まいを兄さんは捜しましたが、

とうとう見つからず、

保健所で、コロを殺処分するしかないのかなぁ…」と、

母親と話し合っているのが聞こえました。

ボクは、悲しくって一晩中「殺されるんだ…」と、

恐くて、恐くて、眠れぬ夜を過ごしました。


朝方、兄さんが「おれが甲斐性がなくて、コロごめんな…」と、

泣いていました。泣き顔 泣き顔 泣き顔




2~3日経ったある日、

「もう大丈夫だよコロ。

カピルスのママが、里親探してくれるそうだ。」



ボクは嬉しくて嬉しくて、「クゥ~ン…」と鳴きました。

思えば2年前に子犬だったボクは、

保健所で殺処分にあう寸前に

兄さんが助けてくれました。


保健所で、

皆が、ガスで苦しみながら、死んでいく姿は、

一日も忘れる事は、有りませんでした。
涙 涙 涙


2才MIX犬 黒色 男の子

名前はコロです。住まいは大阪市内です。

どうぞ良い子にします。


どなたかボクの里親さんになって頂けませんか。


宜しくお願いたします。  コロ




一度見て頂ける方がいらっしゃいましたら、

カピルス迄 ご連絡ください。

私がご自宅までお届けさせて頂きます。


カピルス 牧野
大阪市北区曽根崎2-10-31梅田オレンジビルB1階
TEL:06-6313-8880
FAX:06-6373-9876


私のHPも見てください。
こちら

プロフィール

チャッピーモモ

Author:チャッピーモモ
すべての犬に里親を!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。