犬の里親探しブログ

日本では1年間に何100万頭ものペットが、保健所のガス室でもがき苦しんで命を絶たれているのです。 私はこの残酷な現実を見過ごすことができません。

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のチュラチュラちゃんに続き

私が応援している青葉さんの活動です。

本日ミニチュアダックスの涼ちゃん
幸せ便に乗れました。

関連記事:ミニチュアダックス涼ちゃん、里親様再募集
関連記事:幸せを掴んだミニチュアダックス クーちゃん改めハルちゃん


今年の1月同じミニチュアダックスのクーちゃんの里親様になっていただいた
神戸市のS様より、是非涼ちゃんをうちに迎えたいとお声かけいただき
本日お連れさせていただきました。

以前里親になっていただいたクーちゃんは片方の目の緑内障がひどく、
里子にはもう出れないだろうな・・・と諦めていたわんちゃんでした。

そして今回も決して若くもなく、
乳腺腫瘍で大変な手術を乗り切った涼ちゃんにお声をかけていただき
私としては、嬉しい気持ちでいっぱいです。
涼ちゃんはミニチュアダックス大好き家族の中でこれから毎日楽しく暮らすことでしょう。

先輩のハルちゃん(クーちゃん)、涼ちゃんのことよろしくお願いね。
suzu14.jpg


若くて可愛くて元気でなんのハンディーもなく里親募集しているわんちゃんは大勢の方からお声かけていただき、
今回の涼ちゃんのような体にハンディーがあり、年も若くないわんちゃんはほとんどお問い合わせもありません。

動物愛護のためと皆さんおっしゃいますが、やはり、これが現実なのでしょうか?
年をとっていてもなにかしら体にハンディーがあっても
一緒に暮らせば同じ癒しもくれるし、愛情もいっぱいもらえます。

一緒にいる期間が長いほうがいいから若い子とみなさん言われますが、それはわかりません。
現にうちのチワワは6才で心臓発作で突然死、
16才のプードル チェリーは今でも元気で毎日暮らしています。

一緒にいれる期間の長い、短いではなく
どれだけそのわんちゃんと充実した時間が一緒にもてるか
ということが里親になる最高の喜びなのではないでしょうか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

チャッピーモモ

Author:チャッピーモモ
すべての犬に里親を!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。