犬の里親探しブログ

日本では1年間に何100万頭ものペットが、保健所のガス室でもがき苦しんで命を絶たれているのです。 私はこの残酷な現実を見過ごすことができません。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人合わせて30歳ぐらい(*゜▽゜*)

私が応援している青葉さんの活動です。

まりもちゃんとぺぺちゃんは今一番お年寄りの二人

もう10年以上前になるでしょうか。
警察から保護犬でうちにやってきたまりもちゃん。
来た当初はおしっこ臭くて、皮膚はボロボロ、耳にも耳ダニがいて最悪の状態でした。
でも1つ1つ頑張って綺麗になっていき半年もたてば、本当に綺麗なプードルお嬢さんに大変身。

その1つ1つ綺麗になっていくのが、嬉しくて
毎日毎日の変化が励みになり、私の生活のエネルギーになってくれました。
その当時は保護犬もほとんどいなく、うちに来たということは、
私と縁があったに違いない
と身勝手に解釈・・・、まりもちゃんはうちの子になりました。

もう1匹のマルチーズ  ぺぺちゃんは
うちに来たときはすでに15歳ぐらい・・・
看取るつもりで私が引き受けました。

心臓も究極に悪く、目も見えませんし、耳も聞こえないようです。
でもすごいのは、
ひょろひょろしながらでも、きちんとペットシートの上にいって足を上げずに
おしっこできるんです。(すばらしいです)
今は食欲もなく、自分でフードも食べれなくなり、私が強制給餌しています。

この2匹と一緒に過ごせる時間はおそらくあと少しでしょう。
来年の桜はもう一緒に見れないだろうな・・・
この2匹にとって私がいつも思うこと

うちなんかで、良かったのかな?
もっと、もっと構ってくれる本当のおうちがあったのかもしれないね、と。

この子達がお話できたらどう言うかわかりませんが、私は、
老犬ほど可愛くって、心が綺麗で、素敵な生活のパートナーはいないと思います。
老犬と一緒にいると、心が落ち着きます。
老犬と暮らすと、心が洗われます。

みなさん、老犬を避けないでください。
老犬との時間を一度経験してみてください。
きっと私の言っていることが、わかっていただけるはずです。

5年ぐらい前のまりもちゃん


うちに来てしばらくした時のペペちゃん
pepe1.jpg

今の二人
futari00_20130424062745.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

チャッピーモモ

Author:チャッピーモモ
すべての犬に里親を!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。