犬の里親探しブログ

日本では1年間に何100万頭ものペットが、保健所のガス室でもがき苦しんで命を絶たれているのです。 私はこの残酷な現実を見過ごすことができません。

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑番(はたけばん)

畑番(はたけばん)・・・。

この言葉で何を想像されますか?


ある地域で当たり前の様に、

『畑番』と呼ばれる飼い方をされる犬がいます。

それは読んで字のごとく畑の番犬です。

これを番犬と呼べるか???


畑にずっと繋がれっぱなしで、

かかし同然の扱いを受けています。

犬をかかしのように扱うな。ちゅーの!



散歩もありません。

野ざらしで小屋もありません。

餌と水だけは適度に与えられ、

繋がれっぱなしで一生を終えるのです。

炎天下で暑いだろうなぁ・・・。

冬は寒くて凍えるだろうなぁ・・・。

雨の日はずぶぬれで辛いだろうなぁ・・・。

夜は暗くて怖いだろうなぁ・・・。






私は九州生まれなのですが、

これまで「畑番」という言葉を知りませんでした。

このご時世で、まさかこんなことが行われているなんて・・・

あまりにもショックでした。

畑番と呼ばれる犬達が、

今日も畑で何の希望も持たず

ただ繋がれっぱなしだと思うと悲しくなります・・・

自由にしてあげたい!

という衝動に駆られます。




命を命と思っていない。

この実情をより多くの人達に知って頂き、

こういった習慣をなくしていけたら・・・

と切実にそう思います。








私のHPも見てください。
こちら。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

チャッピーモモ

Author:チャッピーモモ
すべての犬に里親を!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。