犬の里親探しブログ

日本では1年間に何100万頭ものペットが、保健所のガス室でもがき苦しんで命を絶たれているのです。 私はこの残酷な現実を見過ごすことができません。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月8日 廃業ブリーダーから残された7匹の繁殖犬を引き取りました

私が応援している青葉さんの活動です。



先週、
ブリーダーをしていた、主人が癌になり、犬の世話が出来なくなった。
奥さんは別の仕事をしているので、夜一度犬たちにご飯をあげるぐらいの世話しか出来ていない。

そんな話しが私の耳に入り、詳しいことを聞きました。

年をとった犬たちはなかなか里親さんも決まりにくいので、最初は比較的年令の若い犬を引き上げ
その犬たちが、里子に出て行ったら次を引き取ると、話しをしたところ、
犬舎は別のところにあり、犬はずっと狭いケージに閉じ込められ、ご飯は夜1度あげれたらまだいいほう
そんな返事がかえって来ました。

これから気温も暑くなるのに、プレハブの犬舎でケージに閉じ込められ、ろくにご飯も水もらえず、
このままほっておいたら、きっとそのこたちは、死んでしまうだろう。
なら、若い犬とか年寄りの犬とか選んでいる場合ではないわ。

先日も飼育放棄の犬が4匹もきたところなのに、これ以上私のひとりの力で出来るのだろうか?
心を鬼にして、若い犬だけ引き取るか?
いやいや、年とった犬こそ、いままで頑張って人間の金儲けのために生きてきたのだから引き取ってあげなければ・・・・。
どうする?
目をつむる?
やっぱり、ほっとけない。

そこで、他のボラさんにSOSを出したところ、OKもらい、そのこいる7匹全頭、本日引き上げました。

犬舎に残っていた7匹の犬たちは、みんな
今までご苦労様でしたと
言ってあげたいような中年から老年の犬たち。
おそらく私の想像ですが若い犬は他のブリーダーが持っていったのでしょう。

私の車に1匹ずつ積み込み
あまりの臭さで窓は全開、車を走らせ、いつもお世話になっているトリミングのお店に直行しました。
breed1.jpg

悲しい目をしたダックスたち。
恐怖でかたまっているチワワたち

このこたち、シャンプーなんていつしてもらったのだろうか?
今までずっとケージの中で赤ちゃん産まされ続け、体のケアも何一つされていない様子の犬たち。


トリミングが終わり、見違えるように綺麗になり、リボンなんかつけてもらってお嬢様に変身です。
breed7.jpg

さあ、これから動物病院に行きますよ。
またまた車を走らせ、病院にむかいました。

病院では、フィラリア検査、9種混合ワクチン接種などしてもらいました。
フィラリアは陰性
良かった!!
このごろ、フィラリア陽性続きだったので、ひとまずホッとしました。
breed3.jpg

ただ、ダックスのクリームの女の子、お腹に沢山の乳腺腫瘍が出来ていました。
右のお乳に数箇所、左のお乳に数箇所
この乳腺腫瘍になったお乳で何匹もの赤ちゃんにお乳をあげていたのかと思うと辛くなります。
breed4.jpg

今日は一日雨の中、朝早くから一日走り回り、体も気持ちもへとへとです。
明日から又この子たちのためにも、うちにいる犬たちのためにも頑張ります。

本日は終了!!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

チャッピーモモ

Author:チャッピーモモ
すべての犬に里親を!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。